寝ない赤ちゃんの原因と対策

ミルクも飲んで、おしめも濡れていないのに赤ちゃんが寝ないことがあります。

赤ちゃんが泣いてしまって寝ない場合は、疲れたりイライラするなど悪循環になってしまうことも少なくありません。

日本経済新聞のサイトが登場しました。

赤ちゃんが寝ないのは寝ぐずりとも言って、寝たいのに眠れない状態で、大人は眠くなればすぐ寝ることができるのですが、赤ちゃんには難しいことなのです。

原因を知って解決したいものですが、実は原因は解明されておらず考えられることは、自我を主張している、甘えたい、お腹がすいている、湿疹などで身体が痒い、寒い、暑いなどの不快をあらわすサインとも考えられます。個人差があるため原因がこれらに当てはまるわけではなく、それぞれの個性が影響していると考えることもできます。



寝ずに泣き始めたら添い寝をして安心させます。

睡眠リズムが整っていない、まだ遊びたい、部屋が暗くて不安に思っているなど心細く思っている状態です。

ママなどが添い寝することで安心しリラックスして寝ることもあります。

生後6ヶ月くらいになると体力もついてくるので対体力が余っている場合もあります。天気の良い日などは外で散歩したり公園に行くなど身体を使って遊ぶことが大切です。
昼寝の時間を決めることに必要です。
体内時計もできてくる生後3〜4ヶ月ころは早寝早起きのリズムを作ることも必要です。

赤ちゃんをだっこの情報収集がもっと楽になります。

遅くても15時までには昼寝できるよう環境を整えて17時までは昼寝を切り上げると良いです。


これらの他には寝る前にスキンシップをしたり、毎日続けられるような絵本を読んだり、お腹をマッサージしたり入眠のための行動をしても効果的です。

寝ない赤ちゃんへの対応で大切なことはお母さんやお父さんが疲れてイライラすることがないようにすることです。お母さんやお父さんのイライラは伝わり、さらに泣いて寝なくなってしまうのです。

交代して対応したり、リフレッシュすることも必要です。